エアコン

可動型または常設型空調システムとその部品は、予備テストと最終組み立てにおいて漏れの可能性がないかチェックする必要があります。冷媒の喪失は、ユニットの冷却容量の脆弱化や欠如のみではなく、環境の脆弱化や欠如にも責任が及びます。このため、空調システムのリークテストの適用規制の要件は、着実に増加しています。INFICONリークディテクタでは、製造段階とサービスケースで即座かつ安全に漏れを発見できます。

一方で、多くの専門家の意見の中に密封シール空調システムはありません。冷媒はパイプやホースシステム、ねじ式接続、シールリング、クライメイトコンプレッサの熱いリングなどから漏れ、またシステムに損傷がなくても漏れます。一方で、空調システムを適切に機能させるため、毎年数グラムのみですが冷媒を失うことがあります。したがって、最小量でも漏れの検出および除去は重要度が増しています。

クロス感度がないリークディテクタ

INFICONリークディテクタは、他国のガス、例えば油煙霧またはプラスチックの蒸発や、周囲の空気、洗浄剤に対するクロス感度がなくても、非常に少量の漏えいの検出には問題ありません。INFICON可動型または常設型リーク検出システムは、非常に使いやすく、不要な使用や使用者による誤使用を避けるために使用できます。

製品範囲は、非常に感度の高いマルチガススニッファーリークディテクタテストデバイスから、サービスケースのガスおよび超音波リークディテクタのテストをする、水素またはヘリウムのリークディテクタまで及びます。これらは、組み立て、品質コントロール、設置した機器とシステムのメンテナンス中のクライマティックエンジニアリングのすべてのプロセスに使用されます。それらにより、空気調節システムの部品とアセンブリ、ならびに完全なシステムは、確実かつ正確にチェック可能です。

利点の概要

  • 最小量の漏れさえも検出する
  • 法的な必要基準と規制に準拠する
  • 密度があり、安全な部品による環境保護
  • 品質要件の達成
  • 信頼できるリークテストによりイメージのアップグレード
  • 生産段階におけるプロセスの最適化
  • 冷媒の損失がないためエネルギー消費を抑える
  • 冷媒の損失がないため最適な冷却性能
  • 取り扱いが容易

 
クライマティックエンジニアのソリューションを測定する当社の専門家がアドバイスいたします。

ここをクリックしてください。

リークディテクターカタログ

リークディテクターとアクセサリ完全ラインはこちら。 

閲覧する。

当社の「クールニュース」ニュースレターをご覧ください!

リーク検出のベストプラクティスについて学んでください。 

最新号を読む。

全号を参照する。