バッテリー

電極の生産から最終製品検査まで

Battery-Market-1 Battery-Market-2

バリューチェーン全体の品質管理

世界中で電池産業は生産能力を拡大しています。 同時に、化学と生産工程を継続的に改善しています。INFICONは、電極の生産から、完全に組み立てられたバッテリーセルの最終製品検査まで、急速に変化する要件を管理するお手伝いをします。あなたのバッテリーが電気自動車、モバイル機器、電動工具、医療機器、または太陽光発電のバッファなどのエネルギー貯蔵装置としてなど、いかなる環境下で使用されるものであっても

INFICONのリークディテクタは以下をサポートします 

  • 安全性のリスク軽減 
  • スクラップと廃棄物の削減 
  • 生産性の向上 
  • より高いプロセス効率の確保 
  • 最適な寿命でより高品質な製品の提供 

INFICONの真空計は、以下を可能にします

  • 乾燥と排気プロセス中のエネルギーの節約
  • 生産性の向上
  • より高いプロセス効率の確保
  • 生産装置の高いアップタイムの保証 

INFICONの残留ガス分析計(RGA)は以下を実現します 

  • 高いプロセス信頼性を実現
  • スクラップと廃棄物の削減 
  • より高いプロセス効率の確保
  • 一貫して高い製品品質を提供 

INFICONのスマートマニュファクチャリングソフトウェアは以下をサポートします 

  • プロセス、製品品質、歩留まりの継続的な改善 
  • 生産能力の最大化、装置と消耗品の使用を最適化することによる、トータルでの生産量向上
LP_whitepaper_battery_EN LP_whitepaper_battery_EN Mask LP_whitepaper_battery_EN Ellipse

無料ホワイトペーパーダウンロード

目標を達成し、バッテリー生産を向上させるための24のヒントを掲載した新しいホワイトペーパーをご覧ください。
今すぐダウンロード

リチウムイオン電池(LIB)用のINFICON製品

リチウムイオン電池(LIB)は自動車産業だけでなく、通信、コンピュータ、コンシューマ機器、医療機器でも広く使用されています。
INFICONは生産工程の多くのステップで品質管理のための製品を提供しています。 

材料のスクラップを減らし、生産装置の稼働を最大化するために、ハードケース電池セル(またはその部品)はLDS3000真空リークディテクターで電解液を充填する前にリークテストを行う必要があります。INFICONの真空計は、充填前のセルの真空乾燥と排気中の圧力を監視するために使用されます。 

ELT3000 PLUSおよびELT Vmaxバッテリーリークディテクターは、電解液が充填された完全組立式バッテリーセルのリークテスト用に、丸型、コイン型、角型、パウチ型セルにかかわらず、充填後のすべてのLIBからの電解液漏れを直接検出する独自の特許取得済みテスト方法を採用しています。これは、潜在的なリークセルをフォーマットするリスクを減らすために、形成とエージングの前に使用することができます。また、形成とエージング後の真のエンドオブラインテストとしても機能します。これにより、特に壊れやすいパウチセルの取り扱いに起因する潜在的なリークを検出することもできます。パウチセルはまた、脱気後の最終シールも検出するために、形成後にテストされるべきである。パウチセルのリークテスト用に、INFICONはリークテスト中に壊れやすい構造を最大限に保護する特許取得済みのフレキシブルなテストチャンバーを提供します。ELT3000 PLUSリークディテクターはエンジニアリンググループ用のスタンドアロン装置として使用できます。高速生産ラインに簡単に組み込むために、ELT Vmaxを提供しています。

ナトリウムイオン電池用のINFICON製品

リチウムが希少資源となるにつれ、ナトリウムイオン電池がその代替品として検討されています。
ナトリウムイオン電池の製造工程はリチウムイオン電池と非常に似ており、電解液に同じ種類の溶媒を使用する化学的性質があります。また、ナトリウムイオン電池の電解液漏れ試験方法も、リチウムイオン電池の電解液漏れ試験方法と類似している部分が多くあります。ハードケース電池は通常、電解液を充填する前にLDS3000のような真空ヘリウムリークディテクターで試験されます。電解液充填後、ELT3000 PLUSELT Vmaxバッテリーリークディテクターで電解液溶剤の漏れを直接検出することができます。特にパウチセルの場合、形成前やエージング前のリークテストは有益です。乾燥プロセスの監視はLIBよりもさらに重要で、INFICONの真空計はこれらのプロセスを安全で信頼できるものにするために大きく貢献できます。。 

固体電池用のINFICON製品

固体電池は、特に自動車産業において、より安全だと考えられているため、多くの関心を集めています。
これは固体電解質を使用し、液体や可燃性電解質を含まないからです。また、長期的には、固体電池はエネルギー密度が高く、航続距離が長く、充電時間が短いと期待されています。積層を製造するには、CVD、PVDまたはエアロゾルデポジションなどの薄膜蒸着プロセスが必要であり、INFICONはこれらの分野でお客様をサポートすることができます。 

高周波スパッタリング工程では、INFICONの水晶振動子を用いた監視システムであるQCMシステム(センサとコントローラー)が、カソードと電解質層の厚みを正確にin-situで計測します。この追加の安全機能は、異なる基板間の変動に対応します。この機能により、基板ごとのばらつきを抑え、同じ膜厚の成膜を実現します。 

熱蒸着の場合、アノード膜厚を正確に測定するだけでなく、QCMシステムはアノードの蒸着レートなどの重要なパラメータも測定し、これを電子ビーム銃への高電圧供給を制御するためのフィードバックとして使用することができます。この膜厚と蒸着レートの2つの制御を組み合わせることで、これまでにないリアルタイムな制御と品質を実現しています。 

特に電極の製造は、不活性雰囲気下で行わなければならないことが多いです。INFICONはQCMセンサの他に、エアーリーク検出と汚染監視、およびリアルタイムプロセス監視のためにTranspector残留ガス分析計も提供しています。これはスクラップを減らし、プロセスのスループットと歩留まりを向上させるのに役立ちます。同様に、当社のRGAは不活性雰囲気を確保し、ガス供給を監視し、ガス純度をチェックする上で重要な役割を担っています。 

Newsletter Newsletter Mask Newsletter Ellipse

当社の製品やサービスについてもっと知りたいですか?

ニュースレターを購読して、最新の情報を入手しましょう。
お申し込みはこちらから!
ビデオコンテンツの許可が必要です
詳細情報