トレーサーガス充填器

Sensistor® ILS500 F

時間のかかる手作業によるトレーサーガス充填を排除

Sensistor-ILS500-F

Product configurator

Gemini™ MxG5xx

Type
Sensor version
Ionization chamber
Emmision current
Flange connection to vacuum chamber
Switching function
Electrical connection
Digital interface
Analog output signal
Your configuration
inficon-gauge
Gemini™ MxG5xx
Flange
DN 16 ISO-KF
Switching functions
None
Electrical Connection
FCC, 8-pin
Digital Interface
None
Measurement range
1.2 - 8.68 V
Request
Personal information
Product
inficon-gauge
Gemini™ MxG5xx
Gemini™ MAG500
Your configuration has been successfully sent!

Sensistor ILS500 Fは、ツール操作機能とガス充填機能は装備していますが、リークディテクタユニットは含まれていません。用途が広いこのユニットは、INFICON社の水素リークディテクタおよびヘリウムリークディテクタのいずれとでも組み合わせて使用することができます。ILS500 Fはガスの注入・抜取からツールの接続・解除、大きな漏れ試験、真空崩壊試験、圧減衰試験、閉塞試験、レシピ処理に至るまで、一連の試験をすべて自動で行うことが可能です。ILS500 Fは、時間のかかるトレーサーガスの手動充填を不要にし、テストの品質保証を大幅に向上させます。高圧バージョンもあります。

機能

  • ツーリングおよびガス充填機能
  • カラータッチスクリーンでパラメータ設定が容易
  • ダウンロードおよびUSBポートを使用したバックアップ
  • リークテスト前のグロスリークテストを含む
  • 高圧バージョンでも利用可能

利点

  • 高品質のリーク検査に適したツーリングおよびガス充填機能
  • 時間の掛かる手動トレーサガス充填が不要
  • オペレーター依存性の減少。すべてのテスト段階における完全な制御
  • テスト品質保証を大幅に改善
  • コンパクトなユニット、すべてのINFICONリークディテクタと容易に組み合わせ可能
  • サイクル時間の短縮
  • 初期の不具合なし - システムは実証済みのコンポーネントとサブシステムを活用

標準的なアプリケーション

  • 産業
  • 自動車
  • 包装
  • 冷凍空調
  • メディカル

仕様

Sensistor ILS500 F
Sensistor ILS500 FHP, high pressure model
圧縮空気供給
圧力0.35 – 0.7 MPa (50 – 100 psi)
トレーサガス供給
圧力0.005 - 1.0 MPa (0.72 - 145 psi)
ガス・空気接続Female ISO 3/8 in. (ISO to NPT 3/8 in. adapters included)
入力/出力USB
RS232: male, 9 pin, D-sub
Ethernet: RJ45 (Modbus)
圧縮空気供給
圧力0.5 - 0.7 MPa (70 - 100 psi)
トレーサガス供給
圧力0.02 - 3.0 MPa (3 - 435 psi)
ガス・空気接続Female ISO 3/8 in. (ISO to NPT 3/8 in. adapters included)
入力/出力USB
RS232: male, 9 pin, D-sub
Ethernet: RJ45 (Modbus)

品番

Sensistor ILS500 F
590-580

Sensistor ILS500 F Leak Detection Filler

 

Sensistor ILS500 FHP, high pressure model
590-581Sensistor ILS500 FHP Leak Detection Filler, high pressure model

アクセサリー

Sensistor ILS500 F Leak Detection Filler
High pressure model
Part NumberDescription
590-680No-Stop Maintenance Kit (incl. venturi pump, valves, Allen key, screwdriver etc.)
Part NumberDescription
590-685No-Stop Maintenance Kit ILS500 FHP (incl. venturi pump, valves, Allen key, screwdriver etc.)

ダウンロード

リークディテクタにはどのような種類がありますか?

真空法、スニファー法、蓄積法に対応したラインナップがあります。 測定対象や検出したいガス(ヘリウム、水素、各種冷媒ガスなど)に合わせてご選定ください。

内部校正と外部校正の違いは?

内部校正は、リークディテクタに搭載された内部校正器を使用してリークディテクタを校正します。 外部校正は、外部校正器やマスターワークなどを使用してリークディテクタを校正します。

リークディテクタ校正のタイミングは?

リークディテクタ起動から20分以上経過してからの校正を推奨しています。

リークディテクタ校正の頻度は?

測定環境の変化に対応する上では、リークディテクタ校正の頻度は高いほうが望ましいです。 定期的に校正を要求するメッセージを表示させることもできます。

リークディテクタ本体のみの校正は行ってもらえますか?

リークディテクタ本体のみの校正は行っておりません。 校正された校正器をご用意いただき、使用環境において校正を実施いただくことを推奨しております。

メンテナンスの頻度は?

製品によって異なりますが、1年に1回の定期メンテナンス実施を推奨しています。

リーク量の単位は?

・Pa m3/s:SI単位、日本工業規格(JIS)に規定されています。
・atm cc/s:非SI単位、大気圧における1秒当たりのリーク量(cc)であり、イメージしやすい単位です。(1 atm cc/s≒0.1031 Pa m3/s)
・mbar l/s:欧州圏で使用されている単位です。(1 mbar l/s = 0.1 Pa m3/s)
・g/a:主に冷媒ガスの測定に使用され、1年間のリークするガスの重量(g)です。

防爆対応のリークディテクタはありますか?

Extrima防爆認証水素リークディテクタは、Zone 0(Division 1に相当)に対応しています。

真空法リークディテクタのGROSS、FINE、ULTRAとは?

検出の感度の違いを表しており、GROSS < FINE < ULTRA の順で感度が高くなります。 感度が高くなることで微少なリークを検出できるようになりますが、高い真空が必要になります。

スニファー法リークディテクタで使用される流量sccmとは?

Standard cc/sの略称であり、標準状態における1分当たりの量(cc)を表しています。

冷媒ガスリークディテクタE3000とHLD6000の違いは?

E3000は、質量ガス分析計を搭載しており、原子質量単位2~200amuのガスを任意に測定できます。 HLD6000は、赤外線センサーを搭載しており、使用するプローブに応じてハロゲンベースの冷媒ガス、CO2、R600a/R290をそれぞれ測定できます。

スニファー法リークディテクタP3000(XL)とXL3000flexの違いは?

P3000(XL)、XL3000flex共に、高流量モード(3000sccm)に対応しています。 P3000(XL)はヘリウム専用ですが、XL3000flexはヘリウムと水素を検出できます。

蓄積法とは何ですか?

大気圧チャンバを使用したヘリウムリーク検査です。 水没試験や圧力変化法によるリーク検査からの置き換えを期待できます。

ビデオコンテンツの許可が必要です
詳細情報