ヘリウムリークディテクター

LDS3000 AQ

蓄積リークディテクタ - ULTRATESTテクノロジ

LDS3000-AQ

Product configurator

Gemini™ MxG5xx

Type
Sensor version
Ionization chamber
Emmision current
Flange connection to vacuum chamber
Switching function
Electrical connection
Digital interface
Analog output signal
Your configuration
inficon-gauge
Gemini™ MxG5xx
Flange
DN 16 ISO-KF
Switching functions
None
Electrical Connection
FCC, 8-pin
Digital Interface
None
Measurement range
1.2 - 8.68 V
Request
Personal information
Product
inficon-gauge
Gemini™ MxG5xx
Gemini™ MAG500
Your configuration has been successfully sent!

この新しいリークディテクタは、蓄積リークテストのためにコスト効率のよいフォーミングガスまたはヘリウムを使用します。LDS3000 AQはきわめて感度が高く、10-5 mbar∙l/sまでのリークを検出できます。

流体のリークを、ヘリウムリーク真空テストと同じほど高い信頼性で検出しますが、コストは空気テストとほぼ同等です。真の差別化: 新しいリークディテクタは、蓄積リークテストのためにコスト効率のよいフォーミングガスまたはヘリウムを使用します。

LDS3000 AQは、実績のあるLDS3000システムの真空リークディテクタの製品バリエーションであり、同じユーザインタフェースを使用し、最新のフィールドバスインタフェースも提供します。

機能

  • 超高感度。両方のガスについて、最小10-5 mbar l/sのリークを検出できる
  • 幅広い アナログおよびデジタルインターフェースにより、多様な方法でコミュニケーション
  • フォーミングガスとヘリウム対応の、独自の蓄積型リークディテクター

利点

  • 部品のリークテストを行うための、コスト効率のよいソリューション
  • 真空チャンバーと同じほど信頼性の高い試験結果を、空気中での試験に近いコストで実現
  • Industry 4.0統合のためのフィールドバスインターフェースにより、これから先も使用可能
  • 温度と湿度を独立に測定するので、信頼性と再現性の高いテスト結果が得られる

標準的なアプリケーション

  • 室内エアコン部品、冷却器部品または加熱器部品のリーク検出
  • より高い気密性を求める自動車ガス管、小さなコイルヒーター、などの製造業者
  • 温かい、湿っている、または大きい箇所に関与するリーク検出なので、圧減衰法の効果がない
  • 他の市場でヘリウム真空リーク検出が高価または複雑すぎると見なされる場合

仕様

Measurement rangedecades5
Dimensions (LxWxH)mm
in
272 x 130 x 272
10,7 x 5,1 x 10,7
Time constant of the leak rate signals<1
recorder output lin/log 0 - 10V
Test chamber pressureAtm1
Run up timemin<3
Status / Trigger outputs 8 x relaiscontacts (max. 60V DC / 25V AC / 1A)
Control inputs SPS compatible (max.35V)
Minimum detectable leak ratembar•L/s1.00E-06
品番
アクセサリー
560-310I/O 1000 module
560-315BM1000 PROFIBUS module
560-316BM1000 PROFINET IO module
560-317BM1000 DeviceNet module
560-318BM1000 Ethernet/IP module
560-320CU1000 Control unit (additionall 1 data cable needed)
560-332Data Cable 2 m
560-335Data Cable 5 m
560-340Data Cable 10 m
560-600ULTRATEST LDS3000 AQ, accumulation LD
560-320CU1000 Control unit (additionall 1 data cable needed)
560-324DIN Rail Power supply 24v, 10A
560-630Diaphragm pump LDS AQ

ダウンロード

取扱説明書
IO1000 Manual de instrucciones
pdf 1,3 MB スペイン語 取扱説明書
LDS3000, LDS3000 AQ 운영 지침 번역
pdf 8,9 MB 韓国語 取扱説明書
LDS3000, LDS3000 AQ 操作说明书
pdf 9,5 MB 中国語 取扱説明書
CU1000 Operating manual
pdf 1,9 MB 中国語 取扱説明書
BM1000 Operating manual
pdf 824,6 KB 中国語 取扱説明書
IO1000 操作说明书
pdf 1,4 MB 中国語 取扱説明書
LDS3000, LDS3000 AQ Betriebsanleitung
pdf 9,4 MB ドイツ語 取扱説明書
CU1000 Bedienungsanleitung
pdf 1,6 MB ドイツ語 取扱説明書
BM1000 Operating manual
pdf 1.004,7 KB ドイツ語 取扱説明書
IO1000 Betriebsanleitung
pdf 1,3 MB ドイツ語 取扱説明書
LDS3000, LDS3000 AQ Operating instructions
pdf 9,3 MB 英語版 取扱説明書
CU1000 Operating manual
pdf 1,6 MB 英語版 取扱説明書
BM1000 Operating manual
pdf 734,7 KB 英語版 取扱説明書
IO1000 Operating manual
pdf 1,3 MB 英語版 取扱説明書
LDS3000, LDS3000 AQ manual de instrucciones
pdf 9,4 MB スペイン語 取扱説明書
CU1000 Operating manual
pdf 1,6 MB スペイン語 取扱説明書
BM1000 Operating manual
pdf 640,6 KB スペイン語 取扱説明書
LDS3000 Interface Description
pdf 547,7 KB フランス語, ドイツ語, イタリア語, 日本語, 韓国語, ポーランド語, ロシア語, スペイン語, スウェーデン語, 中国語, チェコ語, 英語版, オランダ語, ポルトガル語, ハンガリー語, ルーマニア語 取扱説明書
LDS3000, LDS3000 AQ 取扱説明書
pdf 9,5 MB 日本語 取扱説明書
リークディテクタにはどのような種類がありますか?

真空法、スニファー法、蓄積法に対応したラインナップがあります。 測定対象や検出したいガス(ヘリウム、水素、各種冷媒ガスなど)に合わせてご選定ください。

内部校正と外部校正の違いは?

内部校正は、リークディテクタに搭載された内部校正器を使用してリークディテクタを校正します。 外部校正は、外部校正器やマスターワークなどを使用してリークディテクタを校正します。

リークディテクタ校正のタイミングは?

リークディテクタ起動から20分以上経過してからの校正を推奨しています。

リークディテクタ校正の頻度は?

測定環境の変化に対応する上では、リークディテクタ校正の頻度は高いほうが望ましいです。 定期的に校正を要求するメッセージを表示させることもできます。

リークディテクタ本体のみの校正は行ってもらえますか?

リークディテクタ本体のみの校正は行っておりません。 校正された校正器をご用意いただき、使用環境において校正を実施いただくことを推奨しております。

メンテナンスの頻度は?

製品によって異なりますが、1年に1回の定期メンテナンス実施を推奨しています。

リーク量の単位は?

・Pa m3/s:SI単位、日本工業規格(JIS)に規定されています。
・atm cc/s:非SI単位、大気圧における1秒当たりのリーク量(cc)であり、イメージしやすい単位です。(1 atm cc/s≒0.1031 Pa m3/s)
・mbar l/s:欧州圏で使用されている単位です。(1 mbar l/s = 0.1 Pa m3/s)
・g/a:主に冷媒ガスの測定に使用され、1年間のリークするガスの重量(g)です。

防爆対応のリークディテクタはありますか?

Extrima防爆認証水素リークディテクタは、Zone 0(Division 1に相当)に対応しています。

真空法リークディテクタのGROSS、FINE、ULTRAとは?

検出の感度の違いを表しており、GROSS < FINE < ULTRA の順で感度が高くなります。 感度が高くなることで微少なリークを検出できるようになりますが、高い真空が必要になります。

スニファー法リークディテクタで使用される流量sccmとは?

Standard cc/sの略称であり、標準状態における1分当たりの量(cc)を表しています。

冷媒ガスリークディテクタE3000とHLD6000の違いは?

E3000は、質量ガス分析計を搭載しており、原子質量単位2~200amuのガスを任意に測定できます。 HLD6000は、赤外線センサーを搭載しており、使用するプローブに応じてハロゲンベースの冷媒ガス、CO2、R600a/R290をそれぞれ測定できます。

スニファー法リークディテクタP3000(XL)とXL3000flexの違いは?

P3000(XL)、XL3000flex共に、高流量モード(3000sccm)に対応しています。 P3000(XL)はヘリウム専用ですが、XL3000flexはヘリウムと水素を検出できます。

蓄積法とは何ですか?

大気圧チャンバを使用したヘリウムリーク検査です。 水没試験や圧力変化法によるリーク検査からの置き換えを期待できます。

ビデオコンテンツの許可が必要です
詳細情報